withのログアウト手順とメリット、注意点

withはアプリやブラウザからログアウトすることができます。

ログアウトしない限り自動ログインができてしまうので、特に第三者と共有しているパソコンやスマートフォンでwithを利用する場合には、必ずログアウトしておくことが大切です。

こちらの記事では、withのログアウト手順とメリット、注意点をご紹介していきます。

withのログアウト手順

withでは、下記の手順でログアウトすることができます。

  • 下部メニュー「マイページ」をタップ
  • 「各種設定」をタップ
  • 「withからログアウト」をタップ
  • 「ログアウト」をタップ

一度ログアウトすると、再度withを利用するときにもう一度ログインし直すことが必要になります。

電話番号認証でwithに登録している場合には、再度SMS認証手続きが必要となりますので注意してください。

ログアウトするメリット

withでは、通常ログアウトをすることはありません。

ログアウトすることによって自動ログインを防ぐことができるため、第三者がスマホを操作されたとしても、自分のwithのアカウントのなかを見られることがなくなります。

他の人にスマートフォンを見られる可能性がある環境にいる人や、共用のパソコンなどでwithにログインした人は、きちんとログアウトすると良いでしょう。

ログアウトする時の注意点

withでアカウントからログアウトする場合には、次の点に注意することが大切です。

退会にはなっていない

withのログアウトは退会ではなく、アカウントは残り続けて検索結果にも表示され続けます。

withの利用を完全に終了する場合には、ログアウトではなく退会手続きをするようにしましょう。

再開する時はログイン手続きが必要

withを一度ログアウトしてから再度withを利用するためには、もう一度登録した時と同じ方法でログインすることが必要です。

登録時と異なる方法でログインしようとすると、別のアカウントを作成してしまうことになるため注意しましょう。

まとめ

こちらの記事では、withでログアウトする手順とメリット、注意点をご紹介してきました。

ログアウト機能を利用する人は少ないと思いますが、共用のパソコンや第三者に自分のスマートフォンを操作されてしまう可能性がある人は、withをログアウトして、勝手にwithのアカウントを見られないようにしておくことが大切です。